三度目の入院 その5(その後)
2013年12月21日 (土) | 編集 |
実は退院前の血液検査の時肝機能の数値がちょっと高くて退院を伸ばすかも?って話も出たのよね。(その時先生に「早く退院したいでしょ?したいよね?」と言われたので「いや、別に」と答えたら怪訝な顔をされちった
まあたぶん麻酔のせいだろうからいいでしょってことで予定通り退院したんだけど退院後1週間の血液検査でもまだちょっと高めだった。
入浴もまだ控えるように言われて段々気温が下がってくる頃だったので湯船に浸かりたかったけどシャワーだけで我慢我慢。自転車もダメと言われたのでしばらくはどこにも出かけず家でのんびりしてました。つーかまあまだ歩くのもそろりそろりって感じなので出かけるどころじゃなかったけどね。
退院前に傷口が目立たなくなるテーピング療法というのを看護士さんから指導されてテープも買わされたんだけど、これが1日貼ってるとすんごく痒くなるのよ。で1日貼ったら1日休んでといった感じで貼ったり貼らなかったりしてたんだけど、まあまあ綺麗な傷口なんじゃないかしら?他の人の手術跡を見る機会がないのでよくわからないけど(^_^;)

退院から3週間後の診察でやっと数値も正常値に戻りお風呂も自転車もOKが出たのでその頃からぼちぼち出歩くようになりました。
その後手術跡の近くに小さなしこりが出来て痛みが出たんだけど7週間後の通院時に抗生剤をもらってそれも治まり、9週間後の診察で問題なしということで治療も終わり。ということで今に至ります。

実は入院生活が嫌いじゃなかった私、退院して3ヶ月たった今、病院が懐かしかったりして…。
ま、そんなこと言えるのも重病じゃないからよね。
なんだかんだ言っても健康が一番!来年は家族みんな病気や怪我なく過ごせたらいいな。

ね、チャトラン♪


…チャトラン?

チャトラン



三度目の入院 その4
2013年12月02日 (月) | 編集 |
12月になってしまって記憶も薄れてきました(・_・;)なんとか今年中に終わらせねば!

手術当日(9月19日)は痛み止めの座薬を入れてもらったので傷口はさほど痛まなかったけどとにかく腰が痛かった~。それと血栓予防で両足にフットポンプが付けてあったんだけどこれの右足だけがすぐ外れちゃって、そのせいで何回かナースコールしちゃった。
翌日の午後にはそのフットポンプもはずして歩いてトイレへ行かされる。ひぃ~
最初だけは看護士さんがトイレまで付き添ってくれたけどあとは1人でねって。点滴台によりかかって行きましたさ。2日目には点滴も終わったけど台だけは置いてあったのでそれを頼りに病室からすぐのトイレまで時間かかって歩いたわ。3日目にはその台も片付けられて頼る物もなくなったけどトイレに行かないわけにはいかないからお腹を押さえながらよろよろと歩く私。ただでさえ猫背なのにお腹が痛くて背筋を伸ばせないから年寄りみたいな歩き方だったに違いない。
3日目には傷口に貼ってあったシールのようなものが剥がされてシャワーの許可が出た。まだホッチキス付いたままで傷口が心配だったけど意外と平気なもんなのね。入院以来初めて頭も洗ってさっぱり~♪

同室の人たちはほとんど便秘薬をもらってたけど私はもともと快腸な人なので(医者が「こんなに大きな腫瘍があってよく便秘にならなかったね」と驚いてた^_^;)お薬はまったく必要なく、傷もさほど痛くなかったので痛み止めももらわず、3日目からはただ食っちゃ寝の日々。歩くように言われたけど4日目くらいまではそんな気になれなくてトイレ以外はほとんど病室から出なかった。テレビも有料となるとダラダラ見る気にもならず起きてる間は本読んでることが多かった。あ、あまちゃんと半沢直樹の最終回はしっかり見たけどね

病院に持ち込んだ本。ほとんど宮部みゆき。

本

そうそう、普通にしてる分にはほとんど痛みはなかったけど咳をするのは怖かったので咳が出そうになったら慌てて飴を舐めるか水を飲むかしてたらオットに「ヤク中か」って笑われちゃったわ

ちょっと出歩こうかなって気になったのはゆっくりだけどほぼ普通の姿勢で歩けるようになった5日目くらいからかな。ま、出歩くって言っても1階の売店か屋上くらいだったけど。時々ぷらっと散歩して病室に戻ったら本読んで疲れたら寝て…な毎日を送って7日目には抜糸(抜針って言うの?)、そして手術から10日目に退院となりました。

退院の前日、病室の窓から虹が見えた~

虹


…つづく
三度目の入院 その3
2013年10月28日 (月) | 編集 |
手術が決まったとはいえ別に体調は悪くないので病人ぶるわけにもいかず、普段どおり水遣りと草むしりで6週間が過ぎて9月18日いよいよ入院。(途中術前検査で採尿・採血・レントゲン・心電図・呼吸機能検査をやったけどそれも手術の3週間前ってどうなの?)

入院手続きを済ませて案内されたのは前回と同じ自宅が見える病棟の窓際。おー!ベッドが7年前よりよくなってる!前は硬くて看護士さんに言ってスポンジ敷いてもらったけど、今回はいい感じにやわらかくてこれなら眠れそう♪
そして以前は全館携帯電話禁止だったけど使っていいコーナーっていうのが設けてある。禁止っていってもみんな平気で病室で堂々と使ってるけど小心者の私は病室だとどうしてもこそこそしちゃって落ち着かないんだなぁ。病室からちょっと遠いけど落ち着いて使える場所があってよかったε-(^。^;)
問診ほか色々説明を受けて手術室担当看護士やら麻酔科医やらの説明が終わったのが4時過ぎ。その後病院の一角にあるカフェでコーヒー飲んでオットが帰ったらやることなくて暇~。6時の夕食の後は本読んだりTV見たり。でも周りが静かだから落ち着かないのよね。消灯9時半なんて眠れるかいと思ったけど病棟全体が暗くなってもう寝るしかないって感じになったので10時前に寝ちゃったわ。

翌日は朝から手術に向けて準備。ちょうどお昼頃に手術室へ運ばれて麻酔を注入されたらあっという間に意識を失って気がついたら終わってた。どうも私は麻酔が効きやすいみたい。
手術時間は2時間くらいかな。終わったらオットが切り取ったブツを見せられたそうで、「先生からお話があります」って呼ばれて行ったらいきなり見せられたってちょっと怒ってた。なんせ猫の蓐創でぶっ倒れる人だからね(^_^;)
しかも「写真撮る?撮らなくていいの?」と聞かれたとか。オット、心の中で「冗談じゃねー!」と叫んだらしい。私も一瞬写真?と思ったけど、本人に見せるために撮る人も多いんだそう。まあ自分の目で見たいっていうつわものもいるからなあ。
オットはもちろん写真は撮らなかったし私もそんなに見たいとは思わなかったけど、結局退院前にPCのモニターで見せてもらったのでした。

…つづく
三度目の入院 その2
2013年10月14日 (月) | 編集 |
大きな腫瘍があると言われて多少の不安は抱きつつも自覚症状はないので普通の生活を送って三週間。いよいよMRI検査の日。
事前に経験者から音がうるさいとか造影剤が気持ち悪いとか副作用があるかもとか色々聞いてたけどやってみたら特に気分が悪くなるということもなく、音も確かにうるさくはあったけどバスドラ風だったり工事現場のドリル風?だったりとリズミカルでバリエーションがあって珍しがってるうちに終わってしまった。

翌日8月7日検査結果を聞きに再び病院へ。
一番大きなところで18cmの腫瘍、たぶん筋腫、たぶん良性とは思うが悪性の可能性も否定できないとのこと。なんか前回の診察で言われたのとあんまり変わらない気がするんだけど、MRIでも悪性か良性かはわかんないのか。
その場で入院・手術が決定。

最初にデカイ腫瘍があると言われた時から切るんだろうなとぼんやり思ってたので手術と言われても特に驚かず、むしろこの猛暑の中入院すれば水遣りもしなくていいし快適に過ごせるかも~♪と期待?してたんだけど日程を聞いてびっくり。「9月18日に入院して19日に手術ね。」って、、、9月?6週間も先?
内心驚きつつもとにかくそれが一番早い日取りらしいので仕方なく了承したけど、悪性の可能性も否定できないとか言っててそんな先で大丈夫なんですかね?
後日大腸がんの手術を受けた友人と話したら彼女もやっぱり手術までにかなり間があったらしく「そんな先でいいんですか?それまでに悪くなっちゃう人とかいないんですか?」って聞いたら「そういうこともあります。」と言われたとか。そ、そうなんだ

帰り際に手術までに気をつけることってありますか?と聞いたら「特にないです。だって今まで何も気付かずに生活してたんでしょ?」と言われてしまった。

…つづく


三度目の入院 その1
2013年10月10日 (木) | 編集 |
先月子宮筋腫のために12日間入院したので覚書として闘病記など…
(入院は気持ちとしては二度目なんだけど前回は中二日とはいえ一旦退院して再入院したので今回は三度目としました。)

7月8日、がん検診のために行った医院で大きな腫瘍があると言われ、大きな病院で診てもらったほうがいいと紹介状を出される。
紹介状って相手を名指ししたものとそうでないものとあるのね。今回は大きな病院というだけでどこでもよかったんだけどオットの負担を考えてやっぱり近くがいいでしょってことで気胸の時と同じうちから自転車で5分の病院にしました。

7月16日、その大きな病院へ行ったらそこでも腫瘍の大きさに驚かれる。「自分でもわかるでしょ。わからなかった?」って言われたけど、うーん…。ま、確かにもしや?と思わなかったこともないけどこれといった症状もなかったし多少のぽっこりお腹は年相応のことかなと思ってたんだもん。
この日の診察でおそらく筋腫でおそらく良性だと思うけどまずMRI検査をしましょうということになり8月6日に予約を入れる。
え、8月?三週間後?そんな先?ってびっくりしたけど知り合いに聞いたりググったりしたらよっぽど緊急でない限りそんなもんらしいね。

…つづく