スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
三度目の入院 その2
2013年10月14日 (月) | 編集 |
大きな腫瘍があると言われて多少の不安は抱きつつも自覚症状はないので普通の生活を送って三週間。いよいよMRI検査の日。
事前に経験者から音がうるさいとか造影剤が気持ち悪いとか副作用があるかもとか色々聞いてたけどやってみたら特に気分が悪くなるということもなく、音も確かにうるさくはあったけどバスドラ風だったり工事現場のドリル風?だったりとリズミカルでバリエーションがあって珍しがってるうちに終わってしまった。

翌日8月7日検査結果を聞きに再び病院へ。
一番大きなところで18cmの腫瘍、たぶん筋腫、たぶん良性とは思うが悪性の可能性も否定できないとのこと。なんか前回の診察で言われたのとあんまり変わらない気がするんだけど、MRIでも悪性か良性かはわかんないのか。
その場で入院・手術が決定。

最初にデカイ腫瘍があると言われた時から切るんだろうなとぼんやり思ってたので手術と言われても特に驚かず、むしろこの猛暑の中入院すれば水遣りもしなくていいし快適に過ごせるかも~♪と期待?してたんだけど日程を聞いてびっくり。「9月18日に入院して19日に手術ね。」って、、、9月?6週間も先?
内心驚きつつもとにかくそれが一番早い日取りらしいので仕方なく了承したけど、悪性の可能性も否定できないとか言っててそんな先で大丈夫なんですかね?
後日大腸がんの手術を受けた友人と話したら彼女もやっぱり手術までにかなり間があったらしく「そんな先でいいんですか?それまでに悪くなっちゃう人とかいないんですか?」って聞いたら「そういうこともあります。」と言われたとか。そ、そうなんだ

帰り際に手術までに気をつけることってありますか?と聞いたら「特にないです。だって今まで何も気付かずに生活してたんでしょ?」と言われてしまった。

…つづく


---------------------------------------------------------------

2013/10/14 21:12 | 闘病記 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/14(月) 21:22:40 | | #[ 編集]
秘密さんへ
そ、それはすごいですね(・_・; もしかしたらその病院の語り草になってるかも…?
私は麻酔が効きやすいみたいであっという間に眠って気がついたら終わってました(^_^;)
ホント無事に終わったからブログにも書けるってもんです♪
2013/10/15(火) 22:59:36 | URL | まりきち #.7qyC5XY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。